キャリアコンサルタント(国家資格)について

平成 28 年4月より、職業選択や能力開発に関する相談・助言を行う専門家として「キャリアコンサルタント」が職業能力開発促進法に規定されました。

キャリアコンサルタントは登録制(5年の更新)の名称独占資格とされ、守秘義務・信用失墜行為の禁止義務が課されています。

キャリアコンサルタントになるためには、キャリアコンサルタント試験に合格等の上、キャリアコンサルタント名簿に登録することが必要になります。

技能検定キャリアコンサルティング職種の1級又は2級に合格された方及び平成 28 年3月までに標準レベルのキャリア・コンサルタント資格を取得された方等については、キャリアコンサルタント試験の合格者として扱われます。

詳細はこちら

キャリアコンサルタント試験の免除に関する経過措置

平成 28 年3月までに、キャリアコンサルタント試験と同等以上のものであって厚生労働大臣が指定する試験(従前のキャリア・コンサルタント能力評価試験(別添 2(1))に合格した方及びこれと同等以上の能力を有すると認められる方(別添 2(2))は、平成 28 年4月から5年間の間に登録を行っていただくことで、キャリアコンサルタントを名乗ることができます 。

なお、平成 28 年3月までに厚生労働大臣が指定する試験(別添 2(1))の学科試験、実技試験のいずれかに片合格した方及びこれと同等以上の能力を有すると認められる方(別添 2(3))は、キャリアコンサルタント試験についても学科試験、実技試験のうち対応する試験の合格者とみなされます(平成 28 年4月から5年間に限ります)。

厚生労働大臣が指定する試験(別添 2)の詳細はこちら

キャリアコンサルタント名称独占について

職業能力開発促進法に規定されたキャリアコンサルタントでない方は、「キャリアコンサルタント」又はこれに紛らわしい名称(※1)(※2)を用いることができません。これに違反した者は、 30 万円以下の罰金に処せられます。

(※1)  紛らわしい名称としては、「キャリア・コンサルタント」、「キャリアコンサルタント〇〇(キャリアコンサルタント専門士等)」、「キャリア〇〇コンサルタント(キャリア形成コンサルタント等)」、「〇〇キャリアコンサルタント(職業キャリアコンサルタント等)」、「〇〇キャリコン(標準キャリコン等)」、「キャリアコンサル」等があげられます。

(※2)  いわゆる標準レベルのキャリア・コンサルタントである方についても、キャリアコンサルタント名簿に登録しなければ、「キャリアコンサルタント」と名乗ることができませんのでご留意ください。

キャリアコンサルタント登録スキーム