よくあるご質問(FAQ)

Q

キャリアコンサルタントとはなんですか?なぜ国家資格化されたのですか?

A

自身が希望するキャリアの道筋を実現していくための有力な手段の一つであるキャリアコンサルティング*を行う専門家として、「キャリアコンサルタント」が国家資格化されました。
キャリアコンサルタントは登録制(5年の更新)の名称独占資格とされ、最新の知識や技能のアップデートを定期的に行っているほか、守秘義務・信用失墜行為の禁止義務が課されています。ですから、今まで以上に、安心して職業に関する質の高い相談を行うことができるようになります。

厚生労働省のウェブサイトでもキャリアコンサルティング全般について紹介されています。

*「キャリアコンサルティング」とは、労働者の職業の選択、職業生活設計又は職業能力の開発及び向上に関する相談に応じ、助言及び指導を行うことをいいます。
キャリアコンサルティングを通じて、自分の適性や能力、関心などに気づき、自己理解を深めるとともに、社会や企業内にある仕事について理解することにより、その中から自身に合った仕事を主体的に選択できるようになることが期待できます。組織内では、必ずしも自身の希望が叶うわけではありませんが、自身の潜在的なキャリアのニーズに気づき、仕事や能力開発の機会などを通して視野を広げ、自身のキャリア形成を考えていくことが大切です。
キャリアコンサルティングを通じて自身のキャリアプランを明確にし、そのために必要な知識・資格の習得や仕事の選択を行うなど、自身が希望するキャリアの道筋を実現していくための有力な手段の一つとして、キャリアコンサルティングを活用することができます。

Q

キャリアコンサルティング技能士と、今回の国家資格はどう違うのですか?

A

<資格が証明する方向性が異なっています>

キャリアコンサルティング技能士とは、優れたキャリアコンサルティング技能・知識のレベルの到達度を証明する資格であるのに対し、キャリアコンサルタントは、一定のキャリアコンサルティング技能を有したうえで、法律に則って守秘義務を守り、継続的に技能・知識を学習・研鑽している専門家であることを証明する資格です。いずれも同じ分野の資格ではありますが、それぞれの資格が証明する方向性が異なっています。

<保持している技能・知識のレベルが異なっています>

技能検定は、1級(指導者レベル)、2級(熟練レベル)と技能・知識の到達度がレベル分けされており、いずれのレベルも、国家資格キャリアコンサルタントに求められるレベルよりも上位に位置づけられています。国家資格キャリアコンサルタントの中には技能士の資格を保持されている方も含まれていますので、両方の資格を保持されているキャリアコンサルタントは、より卓越した技能・知識で法律に則った活動を行っているキャリアコンサルタントということができます。

Q

技能士も登録しなければいけませんか? どのようなメリットがあるのですか?

A

キャリアコンサルティング技能士であっても、キャリアコンサルタントと名乗るためには、国家資格への登録が必要です。
登録することにより、次のようなメリットがあります。

1 「キャリアコンサルタント」と名乗ることができます。

2 国の実施する施策(助成金など)において、「キャリアコンサルタント」を活用することが要件になっているものがあり、より活躍の場が広がります。

3 「キャリアコンサルタント」と「キャリアコンサルタントを探したい企業担当者や個人」とのマッチングを支援するキャリアコンサルタント検索システム「キャリコンサーチ」に無料で登録が可能です。

4 「キャリアコンサルタント」と名乗り続けるためには、必要な知識や技能を維持するための講習の受講等が必要となっており、「キャリアコンサルタント」であることが、継続的な学習・研鑽の証明になります。

Q

名刺にはどのような表記をすればよいですか?

A

名刺への表記は任意です。「キャリアコンサルタント」のほか、「国家資格」の併記も可能ですので、以下の例を参考にしてください。

「国家資格」と「キャリアコンサルタント」の表記例
国家資格 キャリアコンサルタント
キャリアコンサルタント(国家資格)
国家資格キャリアコンサルタント

[不可の例]

キャリア・コンサルタント

⇒“キャリア”と“コンサルタント”の間の「・」(ナカグロ)は不可。

キャリア コンサルタント

⇒“キャリア”と“コンサルタント”の間のスペースは不可。

Q

新規登録をするには、費用はいくらかかりますか?

A

新規登録のための費用としては、登録免許税(9,000円)、登録手数料(8,000円、非課税)が必要になります。登録免許税(9,000円)は「収入印紙」を郵便局で購入して、「登録申請書」に貼付し、申請時にご提出ください。
登録手数料は、審査が完了したのちにご案内致します。郵送による申請の場合、払込票による支払いとなります。また、Webから申請される場合は、クレジットカード決済もしくはコンビニペーパーレス決済が可能です。

Q

自分の名前にシステムで表示できない外字が含まれているのかどうかわかりません。

A

使用するシステムによって出力できる漢字が異なりますので、住民票記載の漢字が外字かもしれないと思われる場合でその字での登録証作成を希望される場合は、念のため外字届をご提出ください。

Q

登録の期限はあるのですか?また、登録しないと無効になりますか?

A

平成28年3月以前に、いわゆる標準レベルのキャリア・コンサルタントの資格を取得した方で、厚生労働大臣が指定する試験に合格した方およびこれと同等以上の能力を有すると認められる方は、平成33 年3月末までに登録手続きを行っていただくことで、キャリアコンサルタントと名乗ることができます。 この日を過ぎると、再度国家試験に合格しなければ登録することはできません。

平成28年4月に新設された国家資格キャリアコンサルタント試験に合格された方、およびキャリアコンサルティング技能士の資格をお持ちの方については、登録の期限はありません。また合格の事実は無効にもなりません。しかし、登録をしないと、キャリアコンサルタントの名称を使用することはできませんので、速やかに登録の手続きをすることをお勧めします(キャリアコンサルタント試験に合格後5年経過すると、登録前に講習受講が必要になります。また、平成28年3月以前にキャリアコンサルティング技能士に合格された方の場合も、平成33年4月以降は登録前に講習受講が必要になります)。

Q

現在ビジネスネームを使って仕事をしています。旧姓や、ビジネスネームで登録することはできますか?

A

キャリアコンサルタント名簿への登録は、戸籍上の本名でのご登録となります。
外国籍の方は通称名の併記が認められています。登録時、登録申請補足書類2と所定の公的証明書類にてご申請ください。

また、旧姓を登録証に併記することが可能です。登録申請補足書類2と所定の公的証明書類にて申請が可能です。(旧姓のみの表記はできません。ビジネスネームは併記できません。)

既に登録証をお持ちの方は、登録事項変更届の提出によって併記が可能となります。「登録事項に変更があった場合」をご参照ください。

Q

登録の変更を届け出なければならないのは、どのようなときですか?

A

次の登録事項について変更があったときは、速やかに届出等を行っていただく必要があります。それぞれの必要書類や手続きは「登録事項に変更があった場合」をご参照ください。

1 氏名を変更したとき(旧姓併記を希望する場合も含む)

2 自宅住所を変更したとき

3 勤務先名称に変更があったとき

4 勤務先住所に変更があったとき

Q

登録証を紛失しました。再交付はしてもらえますか?

A

登録証を滅失又は損傷した場合、「登録証再交付申請書」をご提出いただくことで再交付が可能です。なお、再交付の手数料は2,000円となります。「登録証の再交付申請」をご参照ください。

Q

登録事項の変更手続き等により登録証の再交付を行った場合、「登録番号」及び「登録年月日」は変わりますか?

A

登録されている「登録番号」及び「登録年月日」は、登録証を再交付しても変わりません。

Q

更新講習の免除について、教えてください。

A

国家資格名簿に登録後、技能検定キャリアコンサルティング職種(1級、2級)に合格した方は、合格後5年以内に行う更新において必要となる講習が免除されます。さらに、技能検定キャリアコンサルティング職種1級に合格した方は、その後の技能講習が免除されます。

また、次にあげる時間については、技能講習を受けたとみなされ、技能講習の必要時間からその時間数分を免除することができます(最大10時間まで)。

・技能検定キャリアコンサルティング職種1級に合格したキャリアコンサルタントからキャリアコンサルティングの実務に関する指導を受けた時間

・キャリアコンサルティングの実務に従事した時間

詳しくは、「登録の更新について」をご参照ください。

Q

どのような実務が、免除の対象となるのですか

A

※提出書類等の具体的な手続きについては、確定次第、当ウェブサイトにてご案内いたします。

「実務に従事」とは以下のいずれも適合するかという考え方を基準に、個別に判断することになります。

・キャリアコンサルティングによる支援対象者が、「労働者」であること。なお、ここでいう労働者とは、現在就業している方のみならず、現在仕事を探している求職者(ハローワーク等の職業紹介機関に求職の申込みを行っている方、学卒就職希望者等)を含みます。

・相談の内容・目的が職業の選択、職業生活設計又は職業能力開発及び向上に関するものであること。

・キャリアコンサルティングが一対一で行われるもの、又はこれに準ずるもの(少人数グループワークの運営)であること(情報提供に止まるもの、授業・訓練の運営そのもの等は含みません。)。

Q

更新手数料はいくらですか?

A

確定し次第、当ウェブサイトにてご案内いたします。

Q

もし有効期限内に「更新に必要な講習」を受講できなかった場合、どうなるのですか?

A

資格は失効となり、再度登録を希望される場合は新規登録手続きを行う必要があります(登録免許税も再度必要です)。

新規登録申請にあたっては、従前登録審査に用いた資格により、手続き方法が異なります。

・経過措置対象者として標準レベルキャリア・コンサルタントの資格によりキャリアコンサルタント名簿に登録されていた方は、キャリアコンサルタント国家試験に合格するか、キャリアコンサルティング技能検定試験に合格しなければ再度の新規登録はできません。

・キャリアコンサルタント試験合格者およびキャリアコンサルタント技能検定試験に合格された方については、所定の講習を受講いただいたうえで再度の新規登録手続きを行う必要があります。必要となる所定の講習については、詳細が決まり次第当ウェブサイトにてご案内致します。

Q

キャリアコンサルタントの検索や仕事の依頼はできますか?

A

キャリアコンサルタント検索サイト「キャリコンサーチ」で情報を公開しているキャリアコンサルタントの検索とキャリアコンサルティング等の依頼ができます。

Q

キャリコンサーチで情報公開するにはどうしたらいいですか?

A

国家資格への登録が完了されている方はこちらから手続きが可能です。

公開にかかる費用は無料です。

情報公開の申請から公開まで1週間前後審査の時間がかかります。

Q

キャリアコンサルタントに登録済みです。マイページに入る方法を教えてください。

A

Webでご登録された方は、既にマイページをお持ちです。

Webサイトの右上にある 登録者ログイン から、登録メールアドレスとパスワードでお入りください。

郵送でご登録された方はマイページにメールアドレスを登録する必要があります。
下記URLからお入りください。

https://careerconsultant.mhlw.go.jp/Login/MyPageCreate

画面の指示に従って、メールアドレス等を入力し、操作を進めていただくとメールにて「仮パスワード」が発行されます。 メールに記載のURLからログインしていただくと、ご自身の覚えやすいパスワードに変更する画面が表示されますので、 「現在のパスワード」記入欄には、メールに記載の「仮パスワード」をご入力ください。

Q

キャリアコンサルタントに登録済みです。マイページを作成する方法を教えてください。

A

Webでご登録された方は、既にマイページをお持ちです。

Webサイトの右上にある 登録者ログイン から、登録メールアドレスとパスワードでお入りください。

郵送でご登録された方は既にご登録情報がありますので、メールアドレスを登録していただきますとマイページへ入ることができます。 下記URLからお入りください。

https://careerconsultant.mhlw.go.jp/Login/MyPageCreate

画面の指示に従って、メールアドレス等を入力し、操作を進めていただくとメールにて「仮パスワード」が発行されます。 メールに記載のURLからログインしていただくと、ご自身の覚えやすいパスワードに変更する画面が表示されますので、 「現在のパスワード」記入欄には、メールに記載の「仮パスワード」をご入力ください。